見ていくポイント

引越しはもともとビジネスではなく、周囲の人同士で協力して家財を運ぶというスタイルが一般的だったのですが、それに伴うトラブルが多かったことで、1920年ころから商業化されるようになったのです。運送業がサービスの一環として提供していたのですが、1940年頃からは専門サービスとして提供する業社も増えてきたという歴史があります。 それから、それぞれの引越し業社がサービス内容を独自に改革していき、引越し前の見積りや、引越しをスムーズにするための運搬用品を作るなどといた活動を始めたのです。そうして結果的に、現在のように料金やサービスの特性が大きく異る引越し業者が多数揃ったのです。 沢山の業社の中から選べるようになったのはこうした背景があります。

今よりもっと引越しは便利かつ簡単になるのではないかと専門家によって予測されています。何故ならば、この30年〜40年間で引越し業やサービスの内容そのものが大きく変わってきたのです。荷詰めに関しても食器を梱包するのではなくクッション性と仕切りのある細かい箱に入れることで、梱包する時間を省くといった商品が登場しています。 紐などで雑誌をまとめるというよりは、ビニールの幅広テープで巻くようにする梱包方法もあります。そうすることで時間を短縮できますし、運搬スペースも小さくすることが出来ます。こうした例から分かるように、今後は引越しがもっと簡単手軽に、それでいて効率的に進められるような工夫や商品、サービスが多数販売されるようになるのではと見られているのです。